パソコン教室 業績改善 簡易マニュアル(非FC)

稼げるパソコン教室へ〜独立系パソコン教室の矜持で業績改善!

独立系が「強み」にすべきこと

成功しているパソコン教室経営は、受講者のニーズに的確に応えています。

FC系なら本部から情報提供がありますが、それがない独立系は自力でニーズを把握することが大切です。

すなわち、独立系パソコン教室経営では、地元(商圏)の声を聞くことが大切です。

受講生の声を聞くだけでは情報が偏ってしまいます。なぜなら今の講座ラインラップを必要としているからです。むしろ今のラインナップでは不満な人達の声が必要です。

とはいえ、街頭インタビューは難しいし、どうすればいい?

やはり身近な人に聞くことです。そして、講座ラインナップの試行錯誤です。

講座ラインナップの見直しでは、SWOT分析が役に立ちます。

近隣のパソコン教室を見ればチャンスが生まれる

独立系パソコン教室の強みは、講座開発力です。FC加盟教室は、それができないのでFCに加盟しています。

FC系教室にない講座を開設することでチャンスが生まれます。拙著では、講座企画についても解説しています。